大人が古着屋巡りするのもアリ!アクセや眼鏡などの一点ものの小物で差をつける

古着でオリジナルのファッションを楽しむ

古着女子(古着が好きな女子)たちの価値観が浸透していけば、ブランド名や値段を着飾るのではなく、自分のセンスで「良いもの」を見出すことが重要な世の中になっていくのかもしれない。
出典:https://careerhack.en-japan.com/report/detail/982

 

そんな古着のどこに魅力があるのかと言えば、①最近の服ではないのでデザインに斬新さがある②基本的に誰かとかぶってしまうことがない③常にその服があるわけではないので運とタイミング次第である などが挙げられるでしょう。
出典:https://mery.jp/1009105

 

私は道で昔のワンピースを着たおばあちゃんを見ると、これこそがオシャレだと思うことがあります。きっと、時を経ているからこそ出てきた味わいや、今の時代にはない美しさが、私の目を惹きつけているのかもしれません。
出典:https://jp.pinkoi.com/magz/apGgKqEA

 

古着初心者は小物から始めるのも!

「KINJI」の特徴は、古着だけでなくネックレス、眼鏡などの小物も古着に負けないくらい充実していること。さらにはリメイク商品まであるんです♪流行も取り入れた古着がたくさん揃っているので、古着初心者でも挑戦しやすいのが嬉しいポイント☆
出典:https://aumo.jp/articles/16754

 

シーズン(季節)によって査定金額に大きな開きが出てしまうサービスがあります。しかしエコスタイルは春夏秋冬のアイテムの旬などの条件を入れないで査定してくれますので、1点1点のアイテムを大切に査定してくれます。
出典:https://maison-okada.tokyo/2018/05/12/kaitori-brand/

 

今シーズン旬のロングスカートだって少しの工夫で海仕様にシフト可能。ラフなTシャツ×ロングスカートのコーデにストローハットやカゴバッグを合わせれば、ナチュラル感がプラスされビーチになじみます。Tシャツの胸元にサングラスがあれば、気分は一気に真夏モード♪
出典:https://magazine.cubki.jp/articles/70166965.html

 

シンプルな中に女性っぽさを入れれば大人カジュアルのできあがり

いくらカジュアルファッションが良いといっても、ニットキャップ+スウェット+ダメージデニムといった“どカジュアル”ではイタい人になってしまいます。大人女性に相応しい上品さや清潔感、そして母親らしいきちんと感をお忘れなく!
出典:https://beamy.jp/fashion/4279/

 

近頃では、無駄がないシンプルアイテムをすっきりまとめ、ほんのりリラックス感を漂わせたおしゃれスタイルのことを「大人カジュアル」と呼ぶようになりました。ラフな装いだけど、きちんとトレンドも抑えてるのが「大人カジュアル」の特徴。
出典:https://www.mine-3m.com/mine/news/image?news_id=102262

 

デニムにさらっと合わせるだけで、おしゃれ見えする「ヘインズ」の白T。お値段もお手頃なうえに、首周りの空き具合も、素材の厚みもほどよく、夏の着こなしにハマる1枚です。
出典:https://holics.jp/fashion/FRQWO

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です